作品展 & Caf’eあおば

6月16日(日)作品展が開催されました。利用者様の共同作業で制作された迫力ある作品の他、個人出品の作も展示されました。「力作ですね!」の声掛けに、照れつつも嬉しそうな笑顔が印象に残りました。新しい発想だな!と感心することも多く、楽しい催しでした。今後も是非、それぞれの世界を広げていただき次回の作品展でもご披露できればと思います!

2階フロア作のステンドシート:絵画を提供して下さった通所ご利用者の柴田様。これからの季節にぴったりの素敵な絵です。カラフルでとても美しいです。

1階フロアご利用者作のマジックボックスや押し花:色鮮やかでとってもキレイ!

3階フロア作のキルト:あたたかい気持ちになります。

男性創作グループ作の貼り絵:圧巻!!感動しました。

通所作の木目込み絵画:さすがのクオリティです。

 

作品展と同時にカフェが一日オープンしました。あおばの里十周年ということでケーキが7種類も用意されましたので、ご利用者の皆様は選ぶという楽しみをケーキのお味と共に味わわれたのではないでしょうか。昼食後にもかかわらず、ケーキも混ぜご飯も名物あおば汁も全部!という大食い大賞を差し上げたい方が大勢いらっしゃいました。

こんな笑顔がいっぱいでした。

大盛況でした!

利用者様がパンケーキをサービスしてくださるコーナーも!

よい焼き上がりで、ご希望の方に無料サービスされました。

ご来設いただいた方々、ありがとうございました。また来年をお楽しみに!