新年のご挨拶 2015

 

新年明けましておめでとうございます。

 

 昨年は当施設にとっては満10年を迎えた節目の年でした。その大事な一年を何事もなく終えられたのは、当施設をご利用くださっているご利用者様やご家族様、又地域の皆さまのご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。             

 

 さて、本年は介護報酬改定が行われる年であり、又第6期の横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定の年でもあります。介護報酬改定に向けては、高齢化が年々進んでいるにも関わらず、さらなる支援を行う為の財源も国では捻出が難しいと言われており、削減傾向で検討されていると報道されています。当施設にとっても、介護報酬が減額となってしまうことは、非常に痛手となり今後の施設を維持するにも多大な影響は必至です

 

 しかしながら、当施設の理念である「利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者様の立場に立って質の高い最良のサービスを提供する」、この理念を職員一同が実践していけば、永久に当施設が無くなることはないと確信しております。この理念に恥ずべきことが無いように、今後も精進してまいります。

 

 第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画については、横浜市は今後高齢者の増加が著しく、第6期ではありますが2025年に向けた改革のスタートだと思っております。今現在、市民や各高齢者支援施設へのパブリックコメントを実施している段階であり、これからどのようなサービスで高齢者を支援していくのか検討段階です。

 

 当施設もより一層、地域の皆さまに愛されるよう努力してまいります。本年も皆様の変わらぬご支援を宜しくお願い致します。

 

 

                          横浜あおばの里 事務長  土岡 一成

コメントは受け付けていません。