「こどもの国駅・恩田駅」付近をご紹介します。

横浜あおばの里の通所リハビリテーション
の送迎(範囲)コースには、青葉区のウォー
キングコースとして紹介されている場所が
いくつかございます。

私たちが知っているウォーキングコース付
近の情報をブログで少しご紹介させて頂きます。

最初は、「こどもの国駅」付近のご紹介です。

「こどもの国駅」は、東急田園都市線の長津田駅と
子供の国駅を結ぶ単線の終着駅です。

こどもの国駅のバスロータリー前の坂道を上り、
三和こどもの国店前の交差点を渡り登って行きます。

急な登り坂を進んだ左手に、小さな階段があります。
この階段をあがった小道が「成瀬尾根緑道」です。
丁度下記リンクの自然いっぱい成瀬尾根緑道コース
の絵地図②付近です。

緑道入口から少し進むと、右手には、屋根の上に丹沢や
富士山の景色がよく見え、気持ちよく散策ができます。

犬と一緒に遠景を目にしながら、ゆっくりと歩いてみるなんて
ちょっとオシャレな感じではないでしょうか。

次は「恩田駅」付近のご紹介です。

こどもの国線「恩田駅」は、単線の小さなかわいい駅です。

その恩田駅の横には、奈良川が流れています。
奈良川は、中恩田付近で恩田川に流れ込む小さな支流です。

恩田駅付近は、この奈良川岸が整備され、遊歩道になっています。
春にはきれいな桜が満開に咲き誇りますよ。

恩田駅横には、「徳恩寺」があります。このお寺は、
1335年(建武2年)に開かれた由緒あるお寺だそうです。

江戸時代には、あの柳沢吉保の一族が恩田郷を治めていた縁も
あり、幕府から寺社領をもらう程のお寺だったそうです。
昔からの由緒あるお寺なのですね。

写真は、この徳恩寺から、子野辺神社に向かう小道です。

写真正面の森あたりが、子野辺神社になります。子野辺(子野邊)神社には、愛知県の田縣神社(たがたじんじゃ)と同じように 農作物の豊穣や子宝のご利益を願う「おわせ」が祀られているそうです。青葉区にも隠れた名所がまだまだあるものですね。

子野辺神社付近には、野菜の直売所や喫茶店やパーマ屋さんの
看板もありますので、お店の看板を見つけながら風情のある
小道を一度散策されてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した場所は、青葉区の「毎日歩こう!ウォーキング青葉
成瀬尾根緑道コース」でも紹介されています。

== 青葉区の紹介サイト ==

【青葉区 ウォーキングコースのご紹介】
※こちらは、毎日歩こう!ウォーキング青葉」の紹介ページです。

【自然いっぱい成瀬尾根緑道コース】
※今回散策してみたコースです。

また他のコース散策が出来ましたら、こちらのブログで
ご紹介させて頂きます。

調理レクで「スイートポテト」を作りました。

昨年11月に、一階フロアにて「調理」レクリエーションを
行いました。

今回の食材は、秋の風物詩である「さつまいも」を使用
した 「スイートポテト」を作りました。

久しぶりに見たさつまいもに目を光らせ、笑顔になら
れるご利用者様もいらっしゃいました。きっと、この
調理レクリエーションを楽しみにされていたのだと
思いました。

調理途中にも、ご利用者様同士で会話されている様子が
見られ、和やかな雰囲気の中で熱心に調理されていました。

ご利用者が調理されて、完成した「スイートポテト」がこちらです!

写真のクマの顔は調理用の筆を使いました。

筆が思ったより大きく、クマの顔を書くのは難しかったのですが、
完成するまでご利用者の皆様も顔を書く作業を楽しまれていました。

またこのような機会を作り、ご利用者の皆様に楽しんで
頂ける様これからも務めていきたいと思います。

By 一階スタッフ 一同

 

現在の面会制限は、レベル 4 (面会禁止)です。

注目

横浜市内でのインフルエンザ(感染)患者発生宣言後
現在もまだインフルエンザ(感染)患者発生終息宣言
報じられておりません。

当施設では、市内患者発生状況と施設内の患者発生状況を
検討させて頂きました結果、下記面会制限レベルを
引き続き継続設定させて頂いております。
(2月17日(土)現在)

現在の面会制限レベル : 面会制限レベル 4(全館面会禁止)

 

※面会制限レベル緩和のご連絡は、こちらのホームページ上にて
ご案内させて頂きます。ご面会を予定される場合には、予めこ
ちらのホームページをご確認頂けます様お願い申し上げます。

※現在すべてのご入居者様へのご面会は、ご利用者様ご家族を
含めて、施設に事前の連絡の頂き、面会許可をお取り頂く必要
がございます

※ご面会をご希望される場合には、予めご利用者様ご入所階の
職員にご連絡を頂き、面会が可能かご確認頂けます様、お願い
申し上げます。

当施設ご面会者様には、ご利用者様の感染予防の為、
面会制限レベルに基づく注意事項厳守のご協力を
お願いします。

【面会制限の内容について】
横浜あおばの里での面会制限レベルの内容については、
こちらの 面会制限レベル一覧表 にてご確認の程、
宜しくお願い致します。

※感染症発生状況によっては、設定レベルに関わらず、
ご面会をお断りさせて頂く場合もございます。

ご家族様対応の洗濯物に関しては、1階事務室前での
受け渡しになりますのでご協力をお願い致します。

買い物イベントを実施しました。

11月19日(日) お買い物イベント&あおば喫茶を
開催致しました。

ご利用者様が自ら買い物をして楽しんで
頂くイベントと、 好評のあおば喫茶が
同時開催されるイベントです。

会場では「洋服や肌着」などの衣類が
販売され、ご家族様やスタッフと一緒に
洋服を選ばれながら、 笑顔で談笑され、
「これはどうかしら?」などの普段の面会ではできない会話が弾んでいたようです。

ご家族様とはどんな様会話が
されていたのでしょうか?
ご利用者様のとても楽しそうな
笑顔が印象的に残りました。

あおば喫茶でもご家族様との
笑顔が絶えず、好みのケーキを
味わって頂き、楽しいひと時を
お過ごしになられました。

送迎バスや自家用車でご帰宅される
ご家族様を見送るご利用者様の姿は、
いつ見ても少し寂しい光景ですが、
今日一日がご家族様との楽しい思い出
となることは、このイベントに参加した
職員の励みでもあります。

 

ご利用者様の笑顔とともに開催できる様、今後も続けて参ります。

年末年始無料送迎バスはお休みさせて頂きます。

年末年始の無料送迎バスの運行についてご案内させて頂きます。
市ヶ尾⇔あおばの里間の施設無料送迎バスにつきましては、
下記年末年始の期間、運休とさせて頂きます。

【運休期間】

平成 29年 12月 31日(日)
平成 30年  1月  1日(月)~3日(水)

【運行開始】
平成 30年  1月  4日(木)

尚、運休期間中は、公共交通機関のご利用をお願いします。

【市ヶ尾駅発】
9番乗場 柿23 桐蔭学園入口経由 柿生駅北口行き
市43 桐蔭学園前行き
市43 鉄町行き
直行 桐蔭学園前行き
8番乗場  青27 桐蔭学園前経由 青葉台駅行き

【下車バス停】  中里学園入口バス停

以上、ご協力お願い申し上げます。

施設食のご紹介です!

注目

みなさん、凍結含浸食ってご存知ですか?

凍結含侵法とは・・・

凍結含侵法とは、広島県の公設試験研究機関、
食品工業技術センターが開発したものです。
この方法で作られたものは、とても柔らかく
咀嚼・嚥下困難者向けのお食事として注目
されています。

特徴としては、食材の見た目、風味や栄養を
保ったまま軟化させることができます。

例えばメロンが自らの持つ酵素の作用で
細胞と細胞をつないでいる物質を分解し
て軟らかくなるのと同じように外部から
酵素を素材の中心部までしみこませ、じ
わじわと軟化させていきます。

咀嚼困難者に提供していた
野菜(人参・レンコン・ゴボウ・ブロッコリー、きのこ類)
肉 (鶏肉、豚肉、牛肉)
魚 (イカ、エビ、タラ)
・・・などのミキサー食では、見た目も
悪く何を食べているか分からなかった食事が
食材それぞれの形そのままでご提供ができます。
この方法で作られたものは、食欲増進効果、
栄養成分の保持が可能など様々なメリットがあります。
下記画像をクリックすると、大きな画像で見ることが出来ます。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

祝! 100歳!!

敬老の日に、あおばの里で100歳を迎えられた利用者様が内閣総理大臣、横浜市、青葉区からそれぞれ100歳の長寿の祝いとして表彰状と記念品を頂きました。その時に記念写真をパチリ!! 

横浜あおばの里には99歳、98歳、97歳のかたと100歳目前の人がまだまだいます。これからも元気にお過ごしください!!

 

 

 

 

餅つき会 2014

 寒さも強さを増し始めた119日。天気予報の雪のマークも跳ね飛ばし、青空の下あおばの里恒例の餅つき大会が開催されました。

 朝食後、窓の外から餅をつく音とほのかにもち米の香りが漂い、「餅をつく音なんて懐かしいね」、「良い香りだ」との声がちらほら耳に届き始めました。餅つきの雰囲気に誘われ、中庭で一生懸命餅をついているあおばの里スタッフを、窓から食い入るように眺めている利用者様の様子が強く印象にのこっています。しばらくすると、1階からつきたてのお餅が運ばれてきました。あんこに包まれたお餅を見るや、目を輝かせながら箸を伸ばされていました。食べ終えると同時に「おかわりはないの?」、「他の味も食べてみたかったわ」との声も聞かれ、皆様楽しまれているご様子でした。

 召しあがられた後は、中庭にて利用者様の餅つき体験のスタートです。杵の重みにも負けず、力いっぱい振り降ろす利用者様は、普段とは違った真剣な表情で活き活きとされていました。利用者様の笑顔と楽しまれているご様子に我々スタッフ一同も元気を頂き、餅つき大会は大成功で幕を閉じました。

 

初詣 2014

 新年を迎えた1月上旬、各フロアで初詣が行われました。月曜日の通所リハビリをご利用の皆様は、毎年恒例となっている「祥泉院」へ、入所されているご利用者様は「琴平神社」へ初詣に行きました。1月という事もあり、寒い中ではあったのですが、お誘いした方はほとんどの方がお参りに行かれました。

 

 それぞれ思い思いのお願い事をされていましたが、皆さまどのような事を願われたのでしょうか?職員の私(記者)は、「あおばの里」ご利用の皆様が今年1年元気でリハビリに励まれる事を願いました。皆さまにとって良い1年でありますように!

新年のご挨拶 2014

 

新年明けましておめでとうございます。

皆様にとって昨年はどんな一年でしたでしょうか。横浜あおばの里は開設から10周年を迎えた年でした。10年間横浜あおばの里を支えてくださいましたご利用者様、ご家族様、そして地域の皆様に心から感謝いたします。

さて、当施設は介護保険のもとに成り立っている介護老人保健施設です。介護保険の定期的な改定に伴い、行政からの方針や施策に応じて、施設対応の変化を求められます。現在は、より一層の在宅復帰支援機能の強化を求められており、当施設でも一昨年より体制の見直しに取り組んでいます。

しかしながら、けっして変わらない、変えてはいけないものもあります。“ケアの心”です。どのような施策や体制への変化、また時代背景が変わったとしても、ご利用者様を支援する心はどの時代も同じであると思います。

今年の干支は甲午。甲は固い殻、種を意味し、午は干支の真ん中(折り返し)といわれます。横浜あおばの里も開設10年が過ぎ、今までの良い部分、変えてはいけない“支える心”の芽を育てながら、さらに新しい種を蒔いていきます。また、在宅復帰支援という介護老人保健施設の原点に戻り、再スタートの節目の年でもあると思っています。今年も、皆様の変わらぬご支援をよろしくお願い致します。

介護看護部長 槙田 恵美子