快挙! AMGバレーボール大会 Dブロック 準優勝!!

5月18日(日)埼玉県さいたま市記念総合体育館にて、第49回AMGグループ バレーボール大会が開催されました。我が横浜あおばの里からも選手9名、応援19名にて参加しました。

午前8:30開場予定でしたが、各施設・病院とも気合いが入っており、30分前倒しでの開場となりました。

 

開会式を終え、初戦の相手は、練習試合で対戦した“ナーシングプラザ港北”チームです。

練習試合では3-0での勝利でしたが、本試合ではまさかの大苦戦です。

試合会場の熱気や歓声など独特の雰囲気に押され、選手全員がとても緊張しており、あわや初戦敗北かというような胃が痛い状況が続きます。

ここで様子をみていた監督 土岡事務長がタイムアウトを要求。 

応援団長の槙田介護看護部長も加わり、選手と一体となって円陣を組み、打開策を話合います。

このタイムアウトで緊張が解れたのか、じわじわと得点差を詰めて行き、気が付けば逆転しているではないですか。

この勢いのまま、初戦を勝ち抜きました。

すごいぞ、あおばの里バレーボールチーム。今年は、強さを実感させてくれます!

・・・なにか起こるかもしれません!!

 

 

第二試合は、“ハートケア左近山”チームとの対戦です。

チーム監督土岡事務長から、初戦の反省を踏まえ、スパイクやサーブで積極的な攻撃をして行こうとアドバイスがありました。

選手もこのアドバイスに応え、積極的な攻撃で得点を積み重ねて行きます。

今年のあおばの里チームは、攻撃力が一味違います。スパイクを打てるメンバーが、なんと4人もいます!攻撃陣の厚みがこれまでとは違うんです!!

 あおばの里チームの全力攻撃が功を奏して、ついに“ハートケア左近山”チームとの接戦を制しました。

これでリーグ予選を通過し、この後のトーナメント戦にて“一心館”チームを破り、なんと“上尾看護専門学校Ⅱ”チームとブロック優勝を争うことになりました。

 相手は、現役バリバリの学生さんです。体力面・技術面ともに、相手にとって不足はありません。

力を尽くしたものの、残念ながら 上尾看護専門学校Ⅱ に敗れてしまいましたが、

堂々のブロック準優勝です!やりました!!

最後は選手と応援団みんなで記念撮影をしました。

見てください。みんな楽しそうに笑っていませんか?

これが最善を尽くした人の笑顔です。  

みんな頑張った! 準優勝おめでとう!!!

3階 お花見報告 2013

3階のお花見は、例年通り施設隣りの野外センターにて開催されました。

野外センターに到着してラジオ体操が終えた頃、ポツポツと雨が降り出してしまい、急いで送迎車で施設へ戻りました。あいにくの雨のため、とんぼ帰りになってしまい、とても残念でしたが、お昼は各フロアにて「お花見弁当」と食べました。ご家族と共に召し上がる方、いつものお仲間と一緒に頂く方々など様々でしたが、「せっかくのお花見が雨で残念」「おいしい弁当、外で食べたかった」「外に出ただけでも気分が良かった」等いつもよりも会話が弾んでいました。

 

 

2階 お花見報告 2013

2階のお花見は4月10日に開催されました。

昨年はあいにくの雨だった為、今年も心配をされている利用者様も多かったのですが、当日は天候にも恵まれ予定どおり開催する事が出来、皆さんよろこばれていました。

お食事は、桜の木の下で花見弁当を召しあがられ、皆さん周りの方とお話しをしながら笑顔で過ごされていました。肌寒い気候の中でしたが、皆さんの笑顔は暖かく花見を楽しまれている様子でした。

1階 お花見報告 2013

1階のお花見は4月9日に開催されました。

皆様、朝からとても楽しみにされており、女性方は、職員がお化粧を施し、頬を赤く染め照れ笑いを浮かべておりました。男性方も、外出用の帽子や上着を羽織り、楽しみにしている様子でした。車に乗り、施設を出発。会場へ着くと、一面に広がる新緑の葉桜が皆様を出迎えました。

今年は、例年より早く桜が開花した為、満開の時期にお見せする事が出来ず、皆様と共に、職員も残念に思っておりました。少しでもお花見気分を味わって頂こうと、テーブルの上には、一つ一つ丁寧に作成した桜の花籠をご用意しました。皆様は「きれいだねぇ」と花を手に取り、頭に乗せたりして、とても喜んでいる様子でした。和やかな雰囲気に包まれて、春の歌を合唱したり、フレッシュな新人の挨拶が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

そしてお待ちかねの昼食は、豪華な御膳弁当で、「すごいねぇ美味しいねぇ」と、やや大きめの天ぷらや刺身等、豪勢なおかずに舌鼓を打たれました。「お腹一杯でもう食べられないよ、ありがとう」と皆様、満足そうな表情で、御家族様と共に楽しい一時を過ごされました。天気は晴れのち曇りで、風も吹いていましたが、無事にお花見を行う事が出来て、職員一同も嬉しい一日でした。

新年の食事会

3階では、全員で初詣に行く予定でしたが、体調不良の方もいて中止になりました。そのため、家族介護室においてテーブルをセッティングし、生け花を飾り、食事会を行いました。五目釜飯の出前をとり、急須でお茶を入れました。

「釜飯はあまり食べた事がない」「これでよそって食べるの?」「お茶のいい香り」「熱くておいしい」等と会話も弾み、楽しい時間を過ごされました。

新年の行事

新年明けまして晴れやかな陽射しの下、玄関に飾られた門松の前にて記念撮影を行いました。利用者様は豪華に彩られた門松を眺められ、「すごいねぇ、お正月らしいね」と感心されながら、楽しそうな様子で新年を迎えられました。

そして地元の有志による獅子舞が披露されました。笛の音色に合わせ、豪快な動きを見せる獅子舞に歓声が上がり、扇子を振りながら陽気に舞い踊るひょっとこの姿に、明るい笑顔が溢れました。利用者様一人一人と握手を交わし、無病息災を願い獅子舞に噛んでもらう恒例行事も見られ、大いに盛り上がりました。

本年もスタッフ一同、皆様のご健康を心よりお祈り致します。

『お買い物イベント』

11月4日に1階のデイフロアにて開催され、ご利用者様・ご家族様に好評でした。

洋服や小物・靴を販売し、見るだけでも楽しいとのお声を頂きました。

あおば喫茶も本来、月末に行うところをイベントに合わせて開催しました。

通常喫茶は屋内で行っていますが、天気にも恵まれた事もあり、テラスを

解放して外でも過ごせるようにしました。

皆様の楽しんでいる姿を是非ご覧下さい。

『納涼祭』報告

8月19日の日曜日、当日は晴天に恵まれ、絶好のお祭り日和。事務部、田中と通所看護師、田邊の司会にて納涼祭がスタート!

桐蔭学園グリークラブと男子室内楽同好会の皆さんによる美しい歌声と演奏に、会場は和やかな雰因気に。利用者様からは上手だねえとの声が・・・

1階・2階には、やきそば、わたあめ、かき氷、射的などの屋台が立ち並びました。今年は大勢のボランティアさんにご協力頂きました。

出し物の後半には『あおば太鼓』とあおばの里名物『ソーラン節』が登場!力強く響き渡る太鼓の音色がお祭りを盛り上げます。

ソーラン節は今年入職したフレッシュな顔ぶれがそろい練習の成果を披露しました。「どっこいしょ!ソーラン!」という掛け声に会場は大盛り上がり!

今年もたくさんの方々の協力のもと「あおばの里」の納涼祭を開催する事が出来ました。

来年は十周年記念です!また今年以上に盛り上げたいと思います!

 

復興支援バザー&作品展

平成24年6月3日に東日本大震災復興支援バザー&作品展が行われました。

1Fフロアでは、着る物・毛糸・ハンカチ・靴下等の日用品から野菜・生花等の食料品、また東日本大震災支援として郷土料理ひっつみ汁・ずんだ餅が軽食で売られて、賑わいをみせていました。

2F会議室にて作品展を開催し、各階の利用者様の力作が飾られました。1Fは虹と傘の切り絵で季節を考え、スッタフと共同作業で作りました。

3Fは桜の絵をモチーフに、皆さんの顔写真をスタッフと共同作業で作りました。展示物を見られた利用者様は作業時の事を楽しそうに話されていました。

2Fフロアではあおば喫茶を開き、利用者様とご家族や利用者様同士で来られ、バザーの合間の休憩やご家族との団欒を楽しまれていました

 今回の作品展・バザー開催にあたり、貴重な物品をご提供頂きました皆様には、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。