餅つき会 2014

 寒さも強さを増し始めた119日。天気予報の雪のマークも跳ね飛ばし、青空の下あおばの里恒例の餅つき大会が開催されました。

 朝食後、窓の外から餅をつく音とほのかにもち米の香りが漂い、「餅をつく音なんて懐かしいね」、「良い香りだ」との声がちらほら耳に届き始めました。餅つきの雰囲気に誘われ、中庭で一生懸命餅をついているあおばの里スタッフを、窓から食い入るように眺めている利用者様の様子が強く印象にのこっています。しばらくすると、1階からつきたてのお餅が運ばれてきました。あんこに包まれたお餅を見るや、目を輝かせながら箸を伸ばされていました。食べ終えると同時に「おかわりはないの?」、「他の味も食べてみたかったわ」との声も聞かれ、皆様楽しまれているご様子でした。

 召しあがられた後は、中庭にて利用者様の餅つき体験のスタートです。杵の重みにも負けず、力いっぱい振り降ろす利用者様は、普段とは違った真剣な表情で活き活きとされていました。利用者様の笑顔と楽しまれているご様子に我々スタッフ一同も元気を頂き、餅つき大会は大成功で幕を閉じました。

 

初詣 2014

 新年を迎えた1月上旬、各フロアで初詣が行われました。月曜日の通所リハビリをご利用の皆様は、毎年恒例となっている「祥泉院」へ、入所されているご利用者様は「琴平神社」へ初詣に行きました。1月という事もあり、寒い中ではあったのですが、お誘いした方はほとんどの方がお参りに行かれました。

 

 それぞれ思い思いのお願い事をされていましたが、皆さまどのような事を願われたのでしょうか?職員の私(記者)は、「あおばの里」ご利用の皆様が今年1年元気でリハビリに励まれる事を願いました。皆さまにとって良い1年でありますように!

クリスマス会 2013

 昨年の12月22日、毎年恒例のクリスマス会が行われ、たくさんのご家族様にもご参加いただけました。職員は赤いサンタの衣装に身を包み、利用者様もトナカイの耳や被り物をされ、照れ笑いを浮かべていました。

 午前は昭和歌謡のDⅤD鑑賞会、午後はカラオケのど自慢大会が開催されました。利用者様それぞれがご自慢の歌を披露されました。カラオケマシンでの採点では高得点が続き、接戦が繰り広げられた末に優勝者には豪華賞品が贈られ、大いに盛り上がりました。

 おやつにはケーキとシャンメリーが振る舞われ、皆様「美味しいよ」と喜ばれており、職員一同も一緒に楽しい一時を過ごせました。

 

1階 長寿のお祝い

当施設では、めでたく長寿を迎えられる方のお祝いを行なっております。今回、6月で喜寿を迎えられた利用者様がいらっしゃいました。ご本人は朝から楽しみにしておられる様子でした。お祝い当日、会場へご案内すると職員一同が拍手で出迎え、事務長と看護部長による祝辞が述べられました。「おめでとうございます」と1階スタッフ一同のメッセージ入り色紙を手渡すと、「ありがとう」と照れ笑いを浮かべながら受け取られました。

豪華な祝いの御膳が振る舞われ、「いつもよりすごいな、とても美味しいよ」と残さずたいらげていました。きらびやかな金屏風の前にて、スタッフと共に、ハイ、チーズ!と記念撮影を行いました。終始、満足そうな表情で楽しい一時を過ごされたご様子でした。これからも、利用者様が笑顔になれる様に、より良いサービスを提供していきたいと思います。

 

3階 お花見報告 2013

3階のお花見は、例年通り施設隣りの野外センターにて開催されました。

野外センターに到着してラジオ体操が終えた頃、ポツポツと雨が降り出してしまい、急いで送迎車で施設へ戻りました。あいにくの雨のため、とんぼ帰りになってしまい、とても残念でしたが、お昼は各フロアにて「お花見弁当」と食べました。ご家族と共に召し上がる方、いつものお仲間と一緒に頂く方々など様々でしたが、「せっかくのお花見が雨で残念」「おいしい弁当、外で食べたかった」「外に出ただけでも気分が良かった」等いつもよりも会話が弾んでいました。

 

 

2階 お花見報告 2013

2階のお花見は4月10日に開催されました。

昨年はあいにくの雨だった為、今年も心配をされている利用者様も多かったのですが、当日は天候にも恵まれ予定どおり開催する事が出来、皆さんよろこばれていました。

お食事は、桜の木の下で花見弁当を召しあがられ、皆さん周りの方とお話しをしながら笑顔で過ごされていました。肌寒い気候の中でしたが、皆さんの笑顔は暖かく花見を楽しまれている様子でした。

1階 お花見報告 2013

1階のお花見は4月9日に開催されました。

皆様、朝からとても楽しみにされており、女性方は、職員がお化粧を施し、頬を赤く染め照れ笑いを浮かべておりました。男性方も、外出用の帽子や上着を羽織り、楽しみにしている様子でした。車に乗り、施設を出発。会場へ着くと、一面に広がる新緑の葉桜が皆様を出迎えました。

今年は、例年より早く桜が開花した為、満開の時期にお見せする事が出来ず、皆様と共に、職員も残念に思っておりました。少しでもお花見気分を味わって頂こうと、テーブルの上には、一つ一つ丁寧に作成した桜の花籠をご用意しました。皆様は「きれいだねぇ」と花を手に取り、頭に乗せたりして、とても喜んでいる様子でした。和やかな雰囲気に包まれて、春の歌を合唱したり、フレッシュな新人の挨拶が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

そしてお待ちかねの昼食は、豪華な御膳弁当で、「すごいねぇ美味しいねぇ」と、やや大きめの天ぷらや刺身等、豪勢なおかずに舌鼓を打たれました。「お腹一杯でもう食べられないよ、ありがとう」と皆様、満足そうな表情で、御家族様と共に楽しい一時を過ごされました。天気は晴れのち曇りで、風も吹いていましたが、無事にお花見を行う事が出来て、職員一同も嬉しい一日でした。

『クリスマス会』報告

12月23日に各フロアでクリスマス会が催されました。

 

 

 趣向を凝らした出し物あり、ビンゴゲームあり、ハンドベル演奏を各フロアに出張で行ったりし利用者様の笑顔と関心を引き出していました。

 共通していたのは、スタッフがサンタもしくはサンタガール・トナカイに扮して利用者様の笑顔を引き出そうとしていた事でしょうか。

 

 クリスマス会という事で、クリスマスケーキ・シャンメリがおやつで提供されました。ケーキが飲み込み等で困難な方には別のクリスマスバージョンのプリンを提供されました。あるフロアではケーキの他に、フロア特製のお菓子がデコレーションされ、配られていました。お代わり自由との事で大変利用者様が喜ばれていました。

新年の食事会

3階では、全員で初詣に行く予定でしたが、体調不良の方もいて中止になりました。そのため、家族介護室においてテーブルをセッティングし、生け花を飾り、食事会を行いました。五目釜飯の出前をとり、急須でお茶を入れました。

「釜飯はあまり食べた事がない」「これでよそって食べるの?」「お茶のいい香り」「熱くておいしい」等と会話も弾み、楽しい時間を過ごされました。

『納涼祭』報告

8月19日の日曜日、当日は晴天に恵まれ、絶好のお祭り日和。事務部、田中と通所看護師、田邊の司会にて納涼祭がスタート!

桐蔭学園グリークラブと男子室内楽同好会の皆さんによる美しい歌声と演奏に、会場は和やかな雰因気に。利用者様からは上手だねえとの声が・・・

1階・2階には、やきそば、わたあめ、かき氷、射的などの屋台が立ち並びました。今年は大勢のボランティアさんにご協力頂きました。

出し物の後半には『あおば太鼓』とあおばの里名物『ソーラン節』が登場!力強く響き渡る太鼓の音色がお祭りを盛り上げます。

ソーラン節は今年入職したフレッシュな顔ぶれがそろい練習の成果を披露しました。「どっこいしょ!ソーラン!」という掛け声に会場は大盛り上がり!

今年もたくさんの方々の協力のもと「あおばの里」の納涼祭を開催する事が出来ました。

来年は十周年記念です!また今年以上に盛り上げたいと思います!